禁煙外来

喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気として捉えて適切な治療を行います。

検査の内容

ニコチン依存症を診断するスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断され、1日の平均喫煙本数xこれまでの喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上、すぐに禁煙を始める意思がある、などの一定の条件を満たしている場合は保険診療となります。
 
当院では禁煙補助薬(チャンピックス)による治療を行い、合計5回の診察で計12週間となります。(保険診療ですと12週間での自己負担は約19,000円となります)。チャンピックスの使用により約50%の喫煙者が禁煙に成功しています。詳しくはファイザー株式会社のホームページ「すぐ禁煙.jp」を参照してください。
 
なお治療中は原則運転は出来なくなります。また、精神疾患等の内服治療中の方は併用出来ないことがありますのであらかじめ主治医に御相談下さい。